HOME > 相続 相談事例紹介 > 事例2

事例 2. 自宅の土地の評価額が高額となっている。有効な節税方法を知りたい。

■相談内容

参考図

◇ 相続財産

自宅の土地・建物:1億円
預貯金:500万円

◇ 現在の状況

佐藤さん(65歳)は5年前に妻を亡くしてから一人暮らし。
知人の税理士に自宅の土地の評価額が高そうだと指摘された。
相続発生後、自宅には長男夫婦が住む予定。

◇ 相談内容

税理士に自宅の土地の評価を正式に依頼したところ、指摘通りに高い評価額であることが分かった。現在、全く節税対策をしていないので、相続税が高額になるのではないかと心配している。
有効な節税対策を教えてほしい。

◇ アドバイス

一定の条件を満たせば、「小規模宅地等の特例」により最大80%の評価減を受けられます。
詳しくは、税理士等の専門家に相談されることをお勧めします。

専門家へのご相談はこちらから»