HOME > よくあるQ&A > 回答

5. 借金がありましたが、どうしたらいいですか?

相続財産の調査の結果、積極財産(不動産や預金等)より消極財産(借入金等)が多い場合、その債務を相続人が免れるためには、相続人は3ヶ月以内(熟慮期間)に相続放棄の手続きを家庭裁判所に申し立てる必要があり、この期間が過ぎると単純承認をしたものとみなされます。